ドクトル陸マイラーの趣味嗜好

L'Arc-en-Ciel大好きおじさんのブログです。陸マイルで資金を稼ぐ経過や、全く関係のない私の趣味(バナナマン、育毛、サイクリング) についても書き連ねてます。

30th L'Anniversary LIVE 1日目 (2022.5.21. 18:00-, 東京ドーム)

結成30周年のイベントもこれがフィナーレです。

22(にゃんにゃん)ゲート前のディスプレイ。FOREVERの文字が。

昨年12月に全国を周ったツアーが終わり、そこから5ヶ月経ちました。

5月30日には31周年となるので、その直前でなんとか締めのライブです。

コロナも一時期に比べれば落ち着いてきて、ライブの制限も緩和されてきました。

客席はとなりを空けることはなく、マスクは必要ですがMySOS登録はなくなり、事前アンケートという形になってました。

 

今回のライブは土日の2日間、ということで初日をW会員シート、二日目をS席シートとして申し込み、無事当選。

公演二日前に席の連絡が来たのですが、

初日:アリーナBブロック (ken側)

二日目:1階スタンド (ほぼ中央)

でした。二日目はサブステージ付近ということで良席。

ライブ直前に、運営側が提示していた座席案が急遽変更され物議になりました。

SS席 (アリーナ) 申し込みがスタンド席になったり、S席(1階スタンド)申込みが2階スタンドになったりと...Twitterでも怒っている人をかなり見かけました。

私は幸いにもその影響を受けることなく。

大きくニュースにもなっていたので、ま、誰かが怒られるかもしれません。

最初から、

W会員:ステージ周辺、SS:その後ろ、S:さらに後ろ、A:さらに後ろ

とアバウトにしてたら、とも思います。

 

それはともかく、ライブは楽しむことが絶対。行きと帰りの旅路も含めてです。

土曜、朝9時くらいには起きて準備を色々しつつ、飛行機にて東京へ。マイルが貯まっていたので。

その時点で東京は土砂降りとのこと。雨上がりにかかるものを期待するのがドエルです。

伊丹空港で出発前にとんかつ定食を食べて行ったのですが、ライブ中にお腹が空くのもなと思い、14時に羽田に着くとそのままうどん屋へ。さぬきうどうんをつるっと。

 

京急三田線経由で水道橋駅まで。電車内には既にライブTシャツやメモリアルグッズのナップサックを持ったドエルが。

会場には16時頃に着きましたが、既に大勢の人。

東京ドームホテル前の物販会場。入場間に合うのかなってくらいの混みよう。

まずはW会員シートのメモリアルグッズを受け取り。そんなに時間かかることなく受け取れました。

内容は、ナップサックに入ったタオルやスカーフ?など。それと、車のナンバーサイズのナンバープレートです。結構嵩張る...明日のS席も同じプレートなんだろな。2枚はいらないかな。

ライブ前にTwitter仲間と会って、演奏曲の予想。普段隠れドエルの自分としては、口に出してラルクの話をするのも久しぶり。

入口付近で東南アジア系の留学生と思われる5人組が、ライブTシャツを着て、メモリアルグッズ持ってひたすら記念撮影。満面の笑みです。どうして海外の方はあんなに笑顔が上手なのだろう。

 

開演1時間前に入場。スタンド席からアリーナ席へ。

東京ドームのアリーナの椅子は古いです...幅も狭いし。

席番号が非常に見づらいので、要改善です。

 

定刻から20分くらい遅れてライブ開始。

これまでのラルクのライブなどの歴史がスクリーンに映し出されて、スケルトンスクリーンの向こう側にメンバー登場です。

以下、セットリスト。

ミライ

READY STEADY GO

New World

SEVENTH HEAVEN

Lies and Truth

叙情詩

XXX

fate

finale

MY HEART DRAWS A DREAM

Driver's High

Pretty girl

STAY AWAY

HONEY

いばらの涙

Shout at the Devil

Sell my Soul

LOST HEAVEN

星空

FOREVER

予感

Blurry Eyes

GOOD LUCK MY WAY

​虹

1曲目の予想を公式でやってましたが、答えはミライでした。

スマホライトの演出?がある曲ですし、FOREVERと連続で演奏するんだろなと思い、1曲目には合うけれど無いだろなと予想してました。ハズレです。普通にREADY STEADY GOへ繋げました。

ちなみに久しぶりに銀テープが発射されました。でもロゴなし。おそらくコロナで銀テープ発射のような風が起きやすいものを控えてて、直前までどうしようか議論があって急遽決まったんだと思います。ロゴ入りテープが間に合わなかったんでしょう。

 

曲選としては、TOURのリストから結構変えてきましたね。

New World、SEVENTH HEAVENLies and Truth、Pretty girlは、定番or盛り上がる曲ってとこで組み込まれてました。

事前の曲リクエストの結果も結構反映されてました。

叙情詩、finale、Sell my Soul、いばらの涙、予感、などは上位だったようで、特に予感なんかは会場がどよめいてました。

fateや星空はご時世を考えてのことでしょうか。平和を願う中での演奏で、星空の際にはスマホライトを促して、会場全体での演出でした。

 

ステージは巨大LEDスクリーンで後ろを囲み、さらに後ろにある東京ドーム新設のスクリーンを活かした演出でした。曲ごとに凝った映像を作り込んでましたね。メンバーを囲むスケルトンスクリーンが時々降りてきてましたが、ちょっと過剰だったかな(finale)。

ふだんは花道が伸びてくところが少し短く、その代わり照明&LEDスクリーンが端まで設置されてました。これがすごい。虹の演奏の際の照らし方が圧巻でしたね。アリーナだと近すぎて全容を掴みにくく、これはスタンドから見るべき絵です。

 

サブステージは、その前の演出から繋がります。アンコール時にこれまでのアルバムが映像で流れて、Ark号のバルーンが登場。アリーナ後方へ飛んでいって(ちょっと時間かかりすぎ)、そこからメンバーが降りてくるという設定でした。

ノストラダムスの大予言から逃げ出すために作ったという宇宙船が今完成した、という体です。サブステではSell my Soul、LOST HEAVEN、星空の三曲。LOST HEAVENの曲を色で表すと、

ken:青、yukihiro:赤、tetsuya:黄、hyde:セピア (夕暮れ)

とのこと。バラバラです。

 

エンディングはやはり虹。上から降る羽も復活しましたが、風で流すのはなし。こちらも一歩前進といったとこです。

 

本日は全部で24曲。ラルクのライブとしては多めです。ライブ時間は3時間超え。

開始が押していたのであれですが、明日は帰宅の新幹線が迫っているのでちょっと心配です。

とにかく、ツアーの流れを組みつつ、リクエストにも答えつつ、主張もしつつ、よく考えられたライブだったと思います。セッティングや演出がちょっと間延びしてたり、と思ったら急かしてたりと、メンバーや客席と温度差がある感じもしましたが、2日目は改善されてることでしょう。

 

2日目はスタンド席。演出を遠目で観て楽しみます。

あの曲が次はどの曲になっているか、楽しみです。

 

doctorman.hatenablog.com