ドクトル陸マイラーの趣味嗜好

L'Arc-en-Ciel大好きおじさんのブログです。陸マイルで資金を稼ぐ経過や、全く関係のない私の趣味(バナナマン、育毛、サイクリング) についても書き連ねてます。

B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X- 2022.6.4 札幌きたえーる

今年は初参戦が多いです。こちらも。

北海きたえーる。いい天気です。

いやー、とうとうB'zさんにお会いします。

自分が中学生くらいから曲は聴いていましたし、全く疎遠なミュージシャンでは無かったのですが、ファンと言うとおこがましく、チケットを買ってどうこうという気持ちはありませんでした。

しかし、ここ最近の「行かずしてバンドが活動を止めてしまっては後悔する」という行動理念のもと、日本でトップなお二人のライブも間違いなくそれに該当する、と思いチケットを取りました。

全国ツアーということで、なかなか狙ったところを取れない感じでしたが、もうどこでもいいから、と全会場選択での抽選の結果、北海道公演が当たりました。

6月の北海道もいいだろうと勝手に思い込み、航空券をとり、ホテルをとり、一泊での旅行です。

 

朝から研究室へ出勤して、貯まっていた仕事をひたすら片付け、結局は片付かずいい時間になってしまったので帰宅。身支度をして電車で空港へ。

お昼前だったので、空港内のとんかつ屋ヒレカツカニクリームコロッケ定食を注文。腹ごしらえをしてから手荷物検査へ。

出発まではラウンジにて仕事の続き。搭乗5分前にようやく仕事が終わりメールを送って、スーパーフライヤーズの特権を使うこと無く外の客と同じタイミングで搭乗。

飛行機の中はB'zを聴きながらひたすら読書。ライブ初心者なので勉強です。

 

新千歳空港に着き、電車で会場まで。既に車内にはライブパーカーを着たお客さんもちらほら見かけました。札幌の地下鉄はキレイですね。

最寄りの豊平公園駅に到着。地下から会場まで通路が通ってます。通路には地元のフットサルチームとバスケチームの広告が。北海きたえーるは彼らのホームでもあるんですかね。そもそも体育館ですし、色々と利用されているという点で運営がしっかりなされているのかな。

 

会場へは25分前に到着。既に行列ができています。

今回は、特定チケット(コンビニ発券、座席は現地で確認)、身分証明証、コロナワクチン証明、の3点が必要。ワクチン証明を持ってのライブはこれまでで初めてです。

3点を見せて、座席発券。1階席でステージからは後方右側、列の端席だったのでラッキーでしたが、列の一番ステージ側。つまりステージへ向くと自分が先頭。合いの手やリアクションはグッドタイミングでできませんぜ、とちょっと緊張。

既にお客さんが8割は埋まってました。客層は思ったよりも高齢の方が多い。この場じゃなかったら失礼ですがB'zのファンなの?と思うような見た目の方も(相当失礼)。まあ、長く活動している方々なのでファンもそりゃ高齢になりますな。子連れファンも結構いました。

ステージ上は各都市の現地時間と気温が表示され、空港の音声も流れておりちょっと変わった雰囲気でした。北海きたえーるは初めて来ましたが適度な大きさのアリーナ。昨年のラルクのアリーナツアーは北では行いませんでしたが、スケジュールとコストが見合えばちょうどいい大きさの会場だったのではないかなと思います。

 

ほぼ定時に暗転。公演開始です。

じわっと松本さんが登場。他のサポートメンバーもスタンバイし演奏開始。

始まりと同時に稲葉さんも登場。真っ赤な衣装でした。

今回のセットリストは以下の通り。

 

  1. SLEEPLESS
  2. B’zLIVE-GYMへようこそ
  3. Hard Rain Love
  4. ultra soul
  5. イチブトゼンブ
  6. 愛のバクダン
  7. Daydream
  8. 山の手通りに風
  9. マミレナ
  10. Thinking of you
  11. 裸足の女神
  12. Highway X
  13. COMEBACK -愛しき破片-
  14. YES YES YES
  15. 兵、走る
  16. ギリギリchop
  17. リヴ
  18. UNITE
  19. You Are My Best
  20. ZERO

 

8月にアルバムをリリースするということで、そちらの曲が中心な構成でした。B'zは配信されている曲もまだ全てではなく、新アルバムの曲は予習できるはずもなく、全て新鮮な感じでした。

定番曲も何曲か。予習もしてましたし楽しめました。B'zファンの方は結構手を振る合いの手が多いですね。飛び跳ねたりアクションも強めです。

 

稲葉さんは、声量がすごいですね。結構ステージを動き回ってましたし、途中には舞台裏を歩きながらの歌唱もありましたが息も切れず。高音も抜群。途中暑そうにしてましたし何回か衣装替えも有りましたが、この人何歳なん?っていう元気な様子でした。MC、久しぶりのLIVE-GYMで楽しみにしていた、距離ができてないか不安だったけどそんなことなかった、拍手のみで申し訳ないが、拍手にも色があるんだと、気持ちが伝わってきた、などなど。けっこう話す方なんだと思いました。

松本さんは、淡々とプレイしてましたね。やっぱりギターバンド。かれのギターはマストです。と思ったらエレキ銃を多用してたり、ちょこちょこ遊びは入ってました。

サポートミュージシャンの方々は、とても前に出てきてましたね。これがB'zのライブのスタイルなんだなと。二人のパワーに負けない個性が無いとそもそも採用されないんだろなと思います。特にベースのキヨシ?さん。女性の方ですがめちゃくちゃパワフル。そしてフラップ演奏が抜群にうまい。めちゃくちゃ目立ってました。

 

ステージ演出は、序盤はそこまで派手ではないLEDスクリーンで、バンド演奏を強調しているのかなと思ってました。が、途中で照明が変化。上下に骨組みが割れて、スクリーンも複数。Highway Xの"X"の形になり、一気に立体的に。様々な形の照明が組み合わさって見事な演出になってました。ミラーボールは定番中の定番ですが、とても効果的な使い方でした。いつもはラルクのライブ演出ばかりでしたが、先日のミスチルといい、今回のB'zといい、舞台演出会社が違うからかもしれませんがバンド毎に様々で新鮮です。

 

アンコール後はサポートも含めて全員がステージ前に出て挨拶。その後は二人が花道で挨拶。なんというか、丁寧な感じでした。もう何度もライブはされているのでしょうが、コロナ明けの久しぶりということもあってか、とてもこのライブを大事にされている印象を受けました。

 

次はアルバム曲をしっかり聴いて、また参戦できたらいいかなとも思う、そんなライブでした。

ライブ後はホテル近くのお店で普通の定食を食べ、ホテルでガッツリ仕事をして就寝。

明日はお昼の飛行機なので、午前中は海鮮三昧することにします。

特大餃子&ざんぎ定食。酢のみをたっぷりつけて食べろとのご命令です笑。

 

 

 

 

 

30th L'Anniversary LIVE 2日目 (2022.5.22. 17:00-, 東京ドーム)

今日で1年間続いた30歳のお祝いも一段落です。

会場の看板。猫のは無いです。

 

昨日のライブから明けて、今日は暑いくらいの晴れ模様です。

御茶ノ水のビジネスホテルに泊まり、チェックアウトリミットまで粘るのもあれなので、9時過ぎに出ました。

まずは神田のドトールへ。モーニングのサンドとコーヒーを注文して、

窓際の席でへ陣取る。

昨日のライブのブログを書きます。1時間ぐらいかけて完成。

ふっと一息。

 

あまり長居も気になるので、出ます。

なんとなく、東京ドームへ向かいます。しかし暑い。上着を脱ぎました。

会場は、すでにかなりの人。みなさんグッズを購入したり、写真を撮ったり。

そういえば、今日はS席なのでプレミアムグッズがまたもらえます。

同じものはいらないかな、と思ってたら前を歩いている人が、黒いものを。

なんと、2日目は黒色のグッズ。プレートも黒。

それならもらわなくては。慌ててプリズムホールへ行きゲットです。

 

さて、改めてどうしようかなと。もうお昼です。

混んでるとこにわざわざ行く気もなかったので、ドーム近くのココイチへ。

のんびりとしたお昼です。

ゆっくり食べてもまだ時間はたっぷりなので、次は水道橋のコーヒー屋へ。

奥の席を取って、カフェオレを注文し、さあ、またデスクワークです。

色々とセットリストを集計しながら、暑さをしのいでます。

外は暑いので、結果、2時間以上居座りました。

 

15時付近になったので、再度ドームへ向かいます。

当然、混雑してます。

とっとと中に入ろうとするも、缶の持ち込み禁止...

仕方なく飲み干して、ペットボトルを買い直し、再度入場。

ところがQRコードのエラー。なぜ?

別の通路で処理を受ける...色々確認してもらって問題なしと判断され、無事入場。

ちょっと焦りました。

 

本日は1階スタンド席。

予想通り、サブステージの近く!しかも端席!昨日よりも快適です。

昨日の席は、ステージ演出が引いて見ることが難しかったので、今日は演出を楽しめそうです。

開始までiPadで読書しながら、会場が埋まっていく様子を眺めてました。

 

予定の5分遅れぐらいで開始です。

以下、本日のセットリストです。

 

ミライ

READY STEADY GO

New World

SEVENTH HEAVEN

Lies and Truth

瞳の住人

XXX

fate

finale

MY HEART DRAWS A DREAM

Driver's High

Pretty girl

STAY AWAY

HONEY

いばらの涙

Shout at the Devil

Singin' in the Rain

LOST HEAVEN

星空

FOREVER

予感

Blurry Eyes

GOOD LUCK MY WAY

​虹

 

昨日から変更があったのは2曲。

叙情詩→瞳の住人 と Sell my Soul→Singin' the Rain でした。

Singin' the Rain !!!!!!!!!!!!!

 

なんと、演奏してくれました。

サブステージへ移動して、hydeが「次の曲の色は、そりゃ水色でしょ」と話始め、「雨だしね」って言った瞬間、会場中がどよめき。

傘を持ち出した日にゃ、もう確定です。

24年前のハートに火をつけろ!ツアー時に演奏したかどうかも物議があるこの曲です。

少なくともちゃんと記録が残ったものには曲名はありません。

(演奏を聴いたという方は何人かいらっしゃるので、演ったことは確かなんでしょうが)

ともかく24年の時を経て、ようやく演奏です。

kenのギターのエフェクトがいい感じで、久しぶりに演奏したのだけれどいつもライブでやってますよ感がある、安心感のある演奏でした。

そもそも曲がつつまれるような切ない曲ですからね。

とにかく大興奮です。サブステージに今日は近かったのでより楽しめました。

演奏後にhydeが丁寧に傘を畳んでいたのが印象的でした。

 

1階席からはステージ全体が見渡せて、背後の東京ドーム備え付けのスクリーンもよく見えました。大きなステージを存分に使った演出で、昨日からあちこち修正も入っていて、反省会したんだろなって感じです。

サブステージからの移動時間に行うウェーブゲームも少し改良されてました。安易にGREAT!!!は出なくなり、2階席のウェーブをちゃんと待つようになってました。

そして、客席も改良。マラカスライトの色を合わせることで、虹が自主的にできてました。ドエルの底力。

 

今日は昨日以上にメンバー同士が絡んでいた気がします。kenのMCも相変わらずド下でした。

Blurry Eyesの出だしで「トントコトコトコっ」」てのをyukihirroが忘れてえんそうが止まるハプニングも。柏手で頭を下げてひたすら謝るyukihiro。そうとう人間味が出てて会場も大盛りあがり。hydeは鬼の首を獲ったかのように突っ込む。

 

最後は虹で終了。特に今後の活動に告知はなかったです。

1年間続いた30周年のイベントでしたから、特にコロナにならないようケアしながらの活動は心労もすごかったことでしょう。

きっと、一回節目を作りたかったんだと思います。それでいいです。

またラルクが恋しくなったらラルクをしてくれれば。

 

ライブ後の規制退場でハラハラしながらも、電車に飛び乗り東京駅へ。

なんとか新幹線にも間に合い大阪へ戻ることが出来ました。

帰りの新幹線中ではセットリストの更新とTwitterの確認。

皆さん、感情を爆発させてましたね。

 

さあ、一週間後は31周年です笑

プレミアムグッズのナンバープレート。初日は白でした。

 

doctorman.hatenablog.com

 

 

30th L'Anniversary LIVE 1日目 (2022.5.21. 18:00-, 東京ドーム)

結成30周年のイベントもこれがフィナーレです。

22(にゃんにゃん)ゲート前のディスプレイ。FOREVERの文字が。

昨年12月に全国を周ったツアーが終わり、そこから5ヶ月経ちました。

5月30日には31周年となるので、その直前でなんとか締めのライブです。

コロナも一時期に比べれば落ち着いてきて、ライブの制限も緩和されてきました。

客席はとなりを空けることはなく、マスクは必要ですがMySOS登録はなくなり、事前アンケートという形になってました。

 

今回のライブは土日の2日間、ということで初日をW会員シート、二日目をS席シートとして申し込み、無事当選。

公演二日前に席の連絡が来たのですが、

初日:アリーナBブロック (ken側)

二日目:1階スタンド (ほぼ中央)

でした。二日目はサブステージ付近ということで良席。

ライブ直前に、運営側が提示していた座席案が急遽変更され物議になりました。

SS席 (アリーナ) 申し込みがスタンド席になったり、S席(1階スタンド)申込みが2階スタンドになったりと...Twitterでも怒っている人をかなり見かけました。

私は幸いにもその影響を受けることなく。

大きくニュースにもなっていたので、ま、誰かが怒られるかもしれません。

最初から、

W会員:ステージ周辺、SS:その後ろ、S:さらに後ろ、A:さらに後ろ

とアバウトにしてたら、とも思います。

 

それはともかく、ライブは楽しむことが絶対。行きと帰りの旅路も含めてです。

土曜、朝9時くらいには起きて準備を色々しつつ、飛行機にて東京へ。マイルが貯まっていたので。

その時点で東京は土砂降りとのこと。雨上がりにかかるものを期待するのがドエルです。

伊丹空港で出発前にとんかつ定食を食べて行ったのですが、ライブ中にお腹が空くのもなと思い、14時に羽田に着くとそのままうどん屋へ。さぬきうどうんをつるっと。

 

京急三田線経由で水道橋駅まで。電車内には既にライブTシャツやメモリアルグッズのナップサックを持ったドエルが。

会場には16時頃に着きましたが、既に大勢の人。

東京ドームホテル前の物販会場。入場間に合うのかなってくらいの混みよう。

まずはW会員シートのメモリアルグッズを受け取り。そんなに時間かかることなく受け取れました。

内容は、ナップサックに入ったタオルやスカーフ?など。それと、車のナンバーサイズのナンバープレートです。結構嵩張る...明日のS席も同じプレートなんだろな。2枚はいらないかな。

ライブ前にTwitter仲間と会って、演奏曲の予想。普段隠れドエルの自分としては、口に出してラルクの話をするのも久しぶり。

入口付近で東南アジア系の留学生と思われる5人組が、ライブTシャツを着て、メモリアルグッズ持ってひたすら記念撮影。満面の笑みです。どうして海外の方はあんなに笑顔が上手なのだろう。

 

開演1時間前に入場。スタンド席からアリーナ席へ。

東京ドームのアリーナの椅子は古いです...幅も狭いし。

席番号が非常に見づらいので、要改善です。

 

定刻から20分くらい遅れてライブ開始。

これまでのラルクのライブなどの歴史がスクリーンに映し出されて、スケルトンスクリーンの向こう側にメンバー登場です。

以下、セットリスト。

ミライ

READY STEADY GO

New World

SEVENTH HEAVEN

Lies and Truth

叙情詩

XXX

fate

finale

MY HEART DRAWS A DREAM

Driver's High

Pretty girl

STAY AWAY

HONEY

いばらの涙

Shout at the Devil

Sell my Soul

LOST HEAVEN

星空

FOREVER

予感

Blurry Eyes

GOOD LUCK MY WAY

​虹

1曲目の予想を公式でやってましたが、答えはミライでした。

スマホライトの演出?がある曲ですし、FOREVERと連続で演奏するんだろなと思い、1曲目には合うけれど無いだろなと予想してました。ハズレです。普通にREADY STEADY GOへ繋げました。

ちなみに久しぶりに銀テープが発射されました。でもロゴなし。おそらくコロナで銀テープ発射のような風が起きやすいものを控えてて、直前までどうしようか議論があって急遽決まったんだと思います。ロゴ入りテープが間に合わなかったんでしょう。

 

曲選としては、TOURのリストから結構変えてきましたね。

New World、SEVENTH HEAVENLies and Truth、Pretty girlは、定番or盛り上がる曲ってとこで組み込まれてました。

事前の曲リクエストの結果も結構反映されてました。

叙情詩、finale、Sell my Soul、いばらの涙、予感、などは上位だったようで、特に予感なんかは会場がどよめいてました。

fateや星空はご時世を考えてのことでしょうか。平和を願う中での演奏で、星空の際にはスマホライトを促して、会場全体での演出でした。

 

ステージは巨大LEDスクリーンで後ろを囲み、さらに後ろにある東京ドーム新設のスクリーンを活かした演出でした。曲ごとに凝った映像を作り込んでましたね。メンバーを囲むスケルトンスクリーンが時々降りてきてましたが、ちょっと過剰だったかな(finale)。

ふだんは花道が伸びてくところが少し短く、その代わり照明&LEDスクリーンが端まで設置されてました。これがすごい。虹の演奏の際の照らし方が圧巻でしたね。アリーナだと近すぎて全容を掴みにくく、これはスタンドから見るべき絵です。

 

サブステージは、その前の演出から繋がります。アンコール時にこれまでのアルバムが映像で流れて、Ark号のバルーンが登場。アリーナ後方へ飛んでいって(ちょっと時間かかりすぎ)、そこからメンバーが降りてくるという設定でした。

ノストラダムスの大予言から逃げ出すために作ったという宇宙船が今完成した、という体です。サブステではSell my Soul、LOST HEAVEN、星空の三曲。LOST HEAVENの曲を色で表すと、

ken:青、yukihiro:赤、tetsuya:黄、hyde:セピア (夕暮れ)

とのこと。バラバラです。

 

エンディングはやはり虹。上から降る羽も復活しましたが、風で流すのはなし。こちらも一歩前進といったとこです。

 

本日は全部で24曲。ラルクのライブとしては多めです。ライブ時間は3時間超え。

開始が押していたのであれですが、明日は帰宅の新幹線が迫っているのでちょっと心配です。

とにかく、ツアーの流れを組みつつ、リクエストにも答えつつ、主張もしつつ、よく考えられたライブだったと思います。セッティングや演出がちょっと間延びしてたり、と思ったら急かしてたりと、メンバーや客席と温度差がある感じもしましたが、2日目は改善されてることでしょう。

 

2日目はスタンド席。演出を遠目で観て楽しみます。

あの曲が次はどの曲になっているか、楽しみです。

 

doctorman.hatenablog.com

 

30th L'Anniversary TOUR 東京公演 4日目 (2021.12.26 (Sun) 16:00-)

とうとうファイナルです!ここまで来ました。

f:id:doctorman:20211228195148j:plain

今日は少し晴れてます。でも寒い。でも会場は熱気ですごい。

ツアーのファイナルはWORLD TOUR2012以来 (tetsuya談)。

それ以降は単発のライブばかりでしたからね。

コロナ渦で始まった本ツアー。先行きはどうなることかと不安もありましたが、

関係者皆さんのご尽力のおかげで、全19公演を完遂できました。

 

昨日の代々木3日目に参戦したあと、渋谷で一泊。

4日目は16時開始ですので、かなり暇。

ということで午前中は青山のHondaショールームへ行ってきました。

私はF1のファンでもあるのですが、今年はレッドブルホンダのマシンでマックス・フェルスタッペンがタイトルを獲得しました。

ショールームにはマシンが展示してあるということで、この機会に行ってみました。

 

渋谷から歩いて青山へ。

年末日曜ということもあり、店頭ではすでに行列。

行列待ちのときにはスタッフさんがホッカイロをくれました。ありがたい。

f:id:doctorman:20211229114419j:plain

お店の外観を撮っている方もいらっしゃいました。

少し待って店内へ。

バイクやGTRカーなどの展示もありましたが、真っ先にF1カーへ。

f:id:doctorman:20211229114335j:plain

シャンパンとトロフィーと共に展示されてました。

実際に走ったということもあり、ところどころ傷などもあっていかにもな感じでした。

ホントはアルファタウリのマシンも展示されているはずだったのですが、本日は出張中とのこと。残念。

来年はホンダは参戦しませんが、エンジンは残ります。

鈴鹿が楽しみです。

 

昔住んでいた街を散策したあと、当時よく行っていたとんかつ屋さんでお昼。

腹ごしらえをして、ドトールで休憩してから会場に向かいます。

f:id:doctorman:20211229114817j:plain

原宿の駅から向かうところ。歩道橋はすでに行列です。

最後ということもあり、会場はすでにボルテージ高いです。

特にグッズを購入することもなく、前日にツリーなどは写真を撮ったので、

真っ直ぐに入場です。

本日はAチケットということで2階席でした。

でも最前列。手すりがあって安定感があります。

2階席でも全体がよく見渡せて、ステージも遠いとは思わず、改めてセンターステージの良さを感じました。

空調の近くで風がモロに当たって少し寒かったです。

お隣さんは、おばちゃんと、クールな女性。まあ気にしない。

 

ほぼ定刻に開始です。

セットリストはこちら。

get out from the shell

Caress of Venus

the Fourth Avenue Cafe

winter fall

flower

XXX

fate

REVELATION

NEO UNIVERSE

DRINK IT DOWN

花葬

EVERLASTING

MY HEART DRAWS A DREAM

Hurry Xmas

Driver's High

HONEY

READY STEADY GO

ミライ

FOREVER

Dune

GOOD LUCK MY WAY

あなた

 

これまでどおり、2日目のセットリストのベース通りで、

変更点はDAY BREAK'S BELLがfateに変更した点と、

旧ロゴパートが本日はDune。そしてHurryXmasはクリスマスが終わりましたが演奏しました。364日後ということで。

 

前日にkenが足を痛めたので心配でしたが、肉離れとのこと。

本人曰く「花道でシコを踏んだら、ぱいーんっていった」とのこと。

ステージで跳び箱の踏み台 (ビート板ではないですよ) みたいに弾むところがあったから、固くしてとの指示を出したら別の場所でこの有様...

以前はLinkのPV撮影時に足の小指を骨折したこと。

骨&筋肉を丈夫にということで、ささみとじゃこを摂るようにするとのことです。

次のグッズは「じゃこあんしえる」になるかも。

 

ファイナルですが、これまでと大きく変わらず進行していきます。

もちろん、大阪の頃に比べたら安定してきて、トラブルもなく(怪我はありましたが)、

楽しいステージを見せてくれます。

MCはtetsuya担当でした(内容は先に書いてしまいました)。

 

本日のFOREVER前ウェーブでは改めてそのシステムをhydeが説明。

ウェーブ成功すると床のセンサーが感知して首相へと連絡が入り、首相がスイッチを押すとメンバーが演奏を始めるとのことです。

1回目のウェーブ。見事成功しました。これまではメンバーは演奏する素振りを見せないのですが、今日はyukihiroがドラムを軽く叩いてくれました。

ken曰く「そんなにいいなりでどうするの!hydeの合図なくても勝手にウェーブはじめるぐらいにならない」回を重ねるごとにどんどん要求が高くなってきます。

初めて参加する方もおるであろうに。

ま、兎にも角にもFOREVERが無事演奏され、今日はDune。

エンディング、あなたの前のhydeのコメントが感動した気がしますが、ちょっと忘れました...

 

あなたが終わり、kenは足を引きずって捌けます。

yukihiroは後ろを振り返って、花道の先まで行き、しゃがんで客席をじっと見る。

おもむろにごろんと転がって、退散。

hydeは回転ステージを回りますが、tetsuyaがインスタライブの準備にとまどっており、先に半分まで来てしまったためそこ腰掛けて待機。

tetsuyaが遅れてきたので、いつもどおりハイタッチで締めます。

 

tetsuyの最後のコメント。

ラルクを好きになってくれてありがとう。」

響きました。

 

終了して、エンディングのムービーです。

これまでのツアーの公演会場が流れて、最後にTHANXの文字。

10秒ぐらいにTOURとTHANXの文字が消えて「LIVE」がどどんと。

そうです!2022年5月21/22日の2Days、東京ドームにて

30th L'Anniversary LIVE の開催が発表されました。

まだまだ30thは続きます。チケット取らねば。

 

まずは本ツアーお疲れさまでした。

来年に向けて皆様お身体お休めください。

f:id:doctorman:20211229121654j:plain

マラカスライト越しのツリー。

 

doctorman.hatenablog.com

 

30th L'Anniversary TOUR 東京公演 3日目 (2021.12.25 (Sat) 17:00-)

いよいよツアーもファイナルへ。東京公演全4日のうち3日目から参戦です!

f:id:doctorman:20211225222518j:plain

今日は寒い1日。行きの飛行機も雪の影響で遅れました。

本ツアーにはかなりの数参加しております。

これまで全17公演のうち、9公演の参加、半分以上です。

大阪3、福岡2、愛知1、幕張1、埼玉2、

それだけでも幸せなことなのですが、東京公演も25,26日と2日間チケットが取れました。

ツアーが始まった頃は、コロナで最後まで完遂できるかどうかという緊張感のもと、スタッフの皆さんの頑張りのおかげで、無事最後まで行けそうです。

 

昨晩はMステスーパーライブ。そちらにもラルクは出演していました。

この話を触れないわけにはいかないでしょう。

いつも通りのタモリさんを横にして、ラルクの4人、EXILEの並びで登場です。

ん?なんかマタギがいる。

モコモコの毛皮を着て、帽子をかぶって、なんか尻尾がいっぱいあるギタリストがいます...

kenさんどうしたんですか!何があったのか...

Twitterもその話で持ちきり。マタギがトレンド?

hydeもどこかのマタギの写真付きのツイートを見て爆笑してました。

当の本人は何処吹く風、ギターを抱えながら楽しそうにプレイしてました。

 

トークは、愛知公演の際にtetsuyaがステージから落ちた件 (肋骨折れてた?)、

それからEXILEからの質問「30年続ける秘訣は?」との問いにhydeは、

「みなさん、お互いの連絡先は知ってますか?あー、それはいけません。僕ら知らないですから」

との回答。なんとなく予想はできました。

知らないからこその信頼、プロとしての関係性、なんでしょう。

 

演奏はwinter fall、ミライ、FOREVERの三本立て。

winter fallはなんかシャボン玉飛んでました。風を吹かせるのはご法度なのでしょう。

今日のhydeは何か楽しそう。kenにも絡みに行ってました。

ライブの雰囲気そのままの演奏で、見ててほのぼのしてしまいました。

 

 

さあ、その後の本日のライブです。

午前中に大阪を出発。早めに伊丹空港に着いて昼食です。

マグロ丼をいただきました。本鮪の感じがあまり見たことのない質感でしたが、まあ美味しかったです。

f:id:doctorman:20211225222649j:plain

本マグロ丼。きれいな色です。

飛行機に乗り、ラルクを聴きながら読書。

羽田に着いて真っ直ぐ代々木です。

本日はSS席。記念グッズを受け取りました。

L'ArChristmas同様、本日もクリスマスツリーが飾られています。

f:id:doctorman:20211225222744j:plain

入場規制がかかっていました。

今日は開演の1時間半くらい前に入場。

まだ着替えていなかったので、中に入ってから旧ロゴTシャツを着ます。

今日のSS席はアリーナの前方。これまでで一番ステージに近い良席です。

左隣はカメラ。カメラマンとカメ足さんがセットでスタンバッてます。

ライブビューイングがあるので、これまでと比較して明らかにカメラが多い。

 

代々木から会場は100%席を埋めています。

僕は端の席でしたが、左隣はおそらく年上のドエル女性。

隣が空いている席の心地よさに慣れてしまったのか、少し緊張。

結果、どうでもよくなるのですが。

 

ほぼ予定時間に開演。

本日のセットリストはこちら。

 

get out from the shell

Caress of Venus

XXX

winter fall

flower

metropolis

DAYBREAK'S BELL

STAY AWAY

NEO UNIVERSE

CHASE

花葬

EVERLASTING

MY HEART DRAWS A DREAM

Hurry Xmas

Driver's High

HONEY

READY STEADY GO

ミライ

FOREVER

As if in a dream

Link

​虹

 

クリスマス仕様で、代々木からHurryXmasが演奏されてます。

他はこれまで通り。

1曲増えた分、ハミングの練習が無かったり、XXXの前振り短かかったりなど、所々ショートカットしてます。

 

昨日のMステの名残。本日はkenは1本尻尾をぶら下げてました。

MCはkenが担当。相変わらずの下ネタオンパレード。

「いつからクリスマスはHするようになったんだろう?」

「昨日/今日/Hした人は?」

「俺は夏の方が興奮する」

など。子供も来てるのに...

 

途中でhydeが尻尾について触れます。

hyde「昨日のMステも凄かったですね」

ken「寒さ対策」

hyde「最初みんながすごく地味で俺だけ派手だったのに」

ken「あの後どんどん着込んだからね」

ken「他の人の演奏見てて。マツケンサンバやってたやん?俺誕生日同じで。運勢とか同じなわけやん?俺も「オレケンサンバ」作ってみよかな」

 

ken「クイーズ」

hydeの好きな行事は?」

hyde 「お正月かも」

ken「白なので、全員失格!」

 

ken「tetsuyaさんの好きな人生のイベントは?」

tetsuya「成人式」「ピンクかな」

 

ken「yukihiroさんの生存確認。...ヒカキン?」

yukihiro「ちょっと、何言ってるかわかんないんだけど...」

ken「ユッキーの好きな曜日は?」

yukihiro「金曜日。13日の金曜日

ken「13日の金曜日ってクリスマスに関係ある?」

hyde「13日って言ってるやん」

ken「そうだった。13日の金曜日はキリストの処刑された日だ。俺仏教徒だから」

 

など、爆笑のMCでした。

 

READY STEADY GOの際に、kenが足を痛めてしまい(肉離れ?) 足を引きずって花道から戻って来ました。

それを見て心配そうなyukihiro。kenがステージから捌けるのを見守ってからドラムソロを開始です。

 

アンコール明け。kenは椅子に座ってます。明日は大丈夫かと心配。

それでもミライから開始です。

FOREVER前のウエーブ。本日は1回目からきれいに決まりましたが、お決まりの演奏開始せず。

yukihiroの「演奏する気ないですが何か問題でも?」顔がアップで抜かれ会場は声のない爆笑です。

 

本日も、楽しくあったかい雰囲気の中の公演でした。

花道も近目で、演奏を生でじっくり見ることもできました。

明日は最終日。どんな感動なラストになるのか。

今晩は渋谷で宿泊。

明日は青山のホンダショールームに寄って、午後から参戦予定です。

 

f:id:doctorman:20211225225307j:plain

終了後、外で光り出していたツリー。