読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸マイラーサイエンティストの趣味嗜好

L'Arc-en-Ciel大好きの大学勤務の研究者のブログです。陸マイルで資金を稼ぐ経過や、全く関係のない私の趣味(バナナマン、育毛、サイクリング) についても書き連ねてます。

各年別のL'Arc-en-Cielライブ公演数を数えてみました。

 

久しぶりの更新です。

f:id:doctorman:20170528010027j:plain

 

前回は25th L'Anniversaryのライブレポートで終わりました。

あれからひと月半。いやあ、空白ですねえ...

WOWOWでは15th, 20thライブの再放送がやってましたけど。

 

6月には25thのライブが初放送ということで楽しみではありますが、

しばらくL'Arcのライブは無いでしょう...

ということで、この空いた時間にできること、ということで数えてみました。

 

これまでの数多いライブが、どのような周期、密度で行われていたのか、

私が持ってるデータベースで数えてみました。

それぞれの年の前半(1-6月) 後半(7-12月) で数えた結果が上のグラフです。

公演数は406のはずなのですが、なぜか408回...どこかで重複。

まあ、直す機会があれば直します。

 

気づいた点としては、

半年の最高回数が28回、が3回。偶然でしょうか?

その他では、まあ、90年代が多いですよね。

heavenlyツアーや、ハートに火をつけろ!ツアーがありましたしね。

メンバーも若いだろうし笑

 

その後、休止を経て、またハートに火をつける!ツアーで多い時期もありました。

海外ツアーもありました。

さすがに2013年以降は、記念ライブや企画ライブぐらいです。

 

また、アルバムとか出してくれればライブもやってくれるのかなあ...と思いながら、

ぼーっと、この結果を眺めてます。

 

 

 >>チケットやCD、DVDなど、日々の買い物をお得にしたい方はこちらから。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

>>L'Arc-en-Ciel 公式ホームページはこちらから。

www.larc-en-ciel.com

25th L'Anniversary 2日目 (2017/4/9) レポートは...

 

 もうあの感動から2週間も経つのに...

f:id:doctorman:20170422213244j:plain

とりあえず、名物警備員の写真ですけど。

「東京ドームは気密性が高いです。いち早く会場入りしてメンバーと同じ空気を吸ってください!」

的なアナウンスをひたすら繰り返してました。みんなこのひとの写真撮ってましたし。

 

ということで2日目なんですが、レポートを書こうかどうか...

もうあちこちでみなさん知ってる情報ばかりでしょうしねえ。

なので、簡単に。

 

初日と違うのは、4曲。

Vivid Colors、真実と幻想と、風の行方、が演奏されました。

僕が好きな曲が追加され、とてもうれしい。

最後は瞳の住人

 

あ、ちなみに2日目はステージ向かって左側のウイング席です。

もともと1日目しか行かない予定でしたが、どうしても行きたくなり、

ダメもとで応募したら取れてしまい。

ウイング席ってどうなんだろ?と思いながらも、ま、せっかくだしと。

 

席は花道の少し裏側。1階席ですね。ステージは把握できません。

むしろ裏側から透けてる感じの方が強いかと。花道には近いです。

花道の端にある、演者が見るモニターがよく見えました。

次の曲や、歌詞のカンペなど事細かに指示が書かれてました。面白いものが見れました。

 

あと、この日の席はステージ裏がよく見えたので、

あの賛否両論あった浮かぶ車が浮かぶ前も観察できました。

 

花道端だったので、近くまで来たhyde、tetsuya、kenがよく見えましたね。

演奏する指先もよーく。

 

ライブの構成はほぼ初日と同じです。

kenのMCが少し下ネタモードになり、

tetsuyaが神経質なまま、一人暮らしを始めたころの話にもなり、

yukihiroは相変わらず一言も話さず...

hydeは錬成いっぱいやってました。

 

この日は終電がまずく、最後の曲はどうせ「あなた」だろうと思い、

1日目に聞いたからまあ、あきらめようと、会場を出る準備をしていたら、

まさかの「瞳の住人」...

ドームの外にも漏れるんですね、hydeの歌声って。

それが心残りです。

 

とりあえず、待ちに待ったラルクのライブは終了。

次の活動、発表はいつになるか、さっぱり読めませんが、

個人的には2018年中に迎える結成10,000日目を期待したいと思います。

 

以上、簡単にまとめすぎた2日目でした。

 

 

 

 >>チケットやCD、DVDなど、日々の買い物をお得にしたい方はこちらから。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

>>L'Arc-en-Ciel 公式ホームページはこちらから。

www.larc-en-ciel.com

25th L'Anniversary 1日目 (2017/4/8) レポート-3

初日レポートのさらに続き (主にライブ中盤から)です。 

doctorman.hatenablog.com

 

サブステージではkenのMCが再び。

「...眼鏡をするようになったんだよね。...眼鏡が曇るんだよね」

また、普通の話を...それが面白いんですが。少し今日は下ネタを抑えているようです。(パンツ履いてないネタはありましたが)

hydeにMCを戻して、続き。

kenちゃんが持ってきて、...こんな曲出来るんだ、うれしいな」

的な思い出を話しながら、初期の定番曲Voiceが始まりました。なんだかんだで演奏回数が多いこの曲ですが、ここ最近はサブステージで演奏されることが多く。でも20年以上前の曲なのに色あせることなく。yukihiroが叩くのもいいです。

時代は一気に最近へ。XXX。女性客はこの曲を歌うhydeが好きなのでしょうか? 男としては少しノリづらいんですよね。

3曲終わり、再びステージ移動。メンバーがそれぞれサインの入ったゴムボールを投げだします。yukihiroさん、途中でカゴごとひっくり返して。おお怖。しかも柵に寄りかかり遠くを眺めるクールさ。tetsuyaはカメラで客を撮るのに夢中でした。あまりカメラワークが上手ではないですが(ターンが早すぎ)。

 

メインステージに戻り、再び映像。過去の秘蔵?映像ですね。メンバーが歩行の指示を受けながら写されていたり、hydeが白鳥に襲われていたり。途中セッション映像が流れて、ライブではレア曲なghost in my roomを演奏してました。hydeもタバコ吸ってたな。

映像は藤原喜明の「3本同時!?」CMへ。ということはもう3曲なにをやるか決定です。花葬、浸食、HONEYの3本。お面をかぶった不思議なダンサーがポールダンスやらいろいろやってました。HONEYでは背景がハチの巣を意識した映像で。HONEYも散々やってるなあ。まあ、やらないと締まりが悪い。

一度メンバーがはけた後、少したって、kenお決まりの無双が。ギターを泣かしまくってます。背景がハチの巣のままなのがちょっと違和感ありましたけど。そのままMY HEART DRAWS IN A DREAMへ。この曲は観客と一体化しますね。そのつもりで作ったのかと思うくらい。tetsuyaのコーラスとファンの声がハモります。

続いてNEO UNIVERSE。背景が近未来?空飛ぶ車の映像です。この曲は2000年のRESET LIVEの年替わり一発目の曲でもあり、聴くたびに当時を思い出します。なんか、目が覚める曲です。背景の車の一部が、ドローンで実際に登場しました。背景をちゃんと見ていなかった人はなぜ急に出てきたかわからず???だったそうですが。

tetsuya無双が始まりました。これももう散々見ましたね、、、STAY AWAYです。待ってるyukihiroも健気です。この曲の手拍子、こちらも一体感があります。

ここからは定番の盛り上がり曲で。エンジン音が流れDriver's High。またしても特効が僕を苦しめます笑。ま、でもサビのFlash、Clashはジャンプです。

さらにhydeが会場をあおり、「Are you ●●●Ready???」からのREADY STEADY GO。こちらも欠かさないナンバーです。今回のラニバのセットリストはhydeが考えたそうで、基本定番曲のオンパレードですね。ファン投票の反映は今後かな??ここで本編終了。会場では自発的にウェーブが起きてます。

映像が流れ、Elliy Crancの正体が。L'Arc-en-CIelを並び替えたという、すでに読まれているタネ明かし。「恐れるな」の響きとともに演奏は始まります。Don't be Afraid。生で聴くのは初めてですが、この曲好きです。歌詞も曲もしっくりきて。最新の曲ですが、L'Arcの良さが随所に見えているなと思います。

続いてtetsuyaのMC。しぇるしぇきゆ。ドエルのトレンドワードです。神経質なのは周知の事実なtetsuyaですが、必死に否定してました。やり直しが一度あり改めてBlurry Eyes。ご愛敬です。hydeもホイッスル忘れてましたし。最近のBlurry Eyesは間奏で曲止めませんね。割と早く続き始めます。こちらも定番曲ですが、ライブではやってほしい曲でもあります。

会場に銀テープと風船が飛び出し、Link。これも無いとダメな曲になりました。前向きな曲なので終盤にあるとライブが上調子になります。今回はhydeによるメンバー紹介も入りました。できればメンバー一人ひとりにコメントあるとよかったな。とくにyukihiro

そして、hydeの締めのMC。

「...本当に、君たちの力が無ければ、今日ここに立つことは無かった。...一人一人が僕たちを思っていてくれて...その気持ちがなければ、ここまでこれませんでした。本当にありがとうございます」

「...君たちの想いはそのL'ed以上に溢れている。ここから見える景色はその輝き以上に美しかったです。」

そして、あなた。羽根がいつも以上に降り注ぎ、会場全体で合唱し、素晴らしい光景で初日が終わりました。定番曲でレイアウトされたセットリスト。レア曲が聴きたい気持ちもありつつ、でも老若男女、若い世代も含めた記念ライブだからこれが一番いい形かなとも終わってから思いました。

今回はhydeは何度も衣装チェンジしてました。珍しいですね。hydeのアイデアでしょうか?眉毛そってるし。yukihiroは髪を編み込みポニーテールで、非常にかっこよかったですね。ドエルの評判もとてもよさそうです。

明日も期待ができる、そんな初日でした。

二日目のレポートへ、、、

 

25th L'Anniversary 1日目 (2017/4/8) レポート-2

初日レポートの続き (主にライブ本編)です。

 

doctorman.hatenablog.com

 

f:id:doctorman:20170416075834j:plain

オープニングの虹のあとは、あの独特のイントロ前が流れ、すぐに何かわかる曲。

Curess of Venusです。ライブでは定番の曲、アルバム曲ですが長い間重宝されてますね。客も盛り上がりやすいです。LEDスクリーンではメンバーが映し出されていると同時に、歯車のCGが。長い年月を重ねてきた時計が動いている感じがします。ステージ後ろの複数のスクリーンが表示されると非常に立体的になりますね。毎度毎度新しい演出がくみこまれて楽しいです。

次はthe Fourth Avenue Cafe。こちらも色々あったシングル曲ですが、ライブでは人気があります。15thの時はサブステージのオープニングを飾った曲で、イントロをyukihiroのドラムに合わせて手拍子する感じも一体感があります。

 

ここでhydeのMC。「25th、L'Anniversary LIVEへようこそー!L'Arc-en-Cielでーす!」

「いやー、待たせたねえ、ちょっと待たせたねえ、東京」

いやいや、ちょっとどころじゃないですよhydeさん。

「そして、肝心な、メンバーが集まりました!」

そう、そこが肝心。最近は個々の活動が充実しすぎていてね。特にあなたね。まあ、でも集まったからよかったです。

続いてhydeとkenの掛け合い。

hyde「...天然記念物みたいなモンですから」

ken「レッサーパンダ? この25年間の間に、立ったよね」..

そう、進化したんです。L'Arcとともに。

ウーパールーパーのくだりからポケモンあたりで途中でhydeにkenが制される...

ここからhydeによる錬成タイム。L'ArCASINOから続いてますね。

正直ハガレンを読んでいないのでピンとはきていないのですけど...

僕は最前列だったのでスタート。後ろを眺めながらウェーブが広がっていくのが爽快でした。戻ってきてタオルを投げようかと思いましたが警備員に何か言われるのもアレなのでやめときました。

 

次の曲はflower。今日はREINCARNATION前後の曲が多いですねえ。僕が学生時代L'Arcを覚えていった時代とも重なるので非常に昔を思い出します。あいかわらずのhydeのハーモニカ。客に投げた、、、かな?この曲はkenのギターが好きです。

Lies and Truth。この曲、たぶん一番聞いた回数が多いかもしれない。ギターも散々練習した。あの曲のイメージというか色がとても好きです。ステージ背景にはいろいろな曲のプロモーションビデオが映し出されています。過去を取り戻してますねえ。

 

CG映像でノイズっぽい演出が流れ、雲(霧?)が映し出されて、fate。こちらもアルバム曲ですがLIVEでは定番です。毎度のレーザー光線演出がいいです。この曲から少し幻想、回想パートに入りました。

続いてyukihiroの華麗なドラムから入るforbidden lover。あまりこのイメージは無かったのですが、CGは炎。燃えまくってました。そのせいか、hydeの歌い方にいつも以上に熱が入っていた気がします。

forbidden loverの余韻に浸っていたところ、「one、two、three、 go!」の叫び声とともにShout at the Devil。突然の特効。頭上かすぐそばでスパークが弾け、鼓膜が揺れました。あまりの衝撃で腰がひけました、、、やりすぎ。この曲はCDの録音もセッションで一発でやったらしいので、やはりライブ感ありますね。でも特効が怖くなって100%で曲に入り込めませんでした。

 

CGを挟み、ステージ上ではスタッフが慌ただしい動き。何やら柵ができています。「ドッドッ」という例の曲のイントロ。「エィ!」というドエルの叫び声が続きます。ステージにメンバーが揃い、ん?

ドラムというかタムタム?パーカッション?が2セットあります。でもyukihiroはそこには座ってません。代わりにhydeとkenが。両サイドにはtetsuyaとギターを持ったyukihiro。変則的なメンバーチェンジですか!

そしてステージが上に伸び、そのままアリーナ客の上を移動!!下はアクリルになっていて透けてます。下から丸見え。そうです、ジャニーズでよく見る移動ステージです。

 始まったのはREVELATION。これも盛り上がります。というか、盛り上がりやすい。hydeがドラムに半乗り?して唸ってます。yukihiro先生の長い髪も揺れてます。会場の盛り上がり方は半端なし。まさにアイドルバンド!

ホームベース付近まで移動して、サブステージ完成。

 

(レポート-3へ)

doctorman.hatenablog.com

 

 

 

 >>チケットやCD、DVDなど、日々の買い物をお得にしたい方はこちらから。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

>>L'Arc-en-Ciel 公式ホームページはこちらから。

www.larc-en-ciel.com

25th L'Anniversary 1日目 (2017/4/8) レポート-1

待ちに待った、25th L'Anniversary初日に行ってきました!!

f:id:doctorman:20170416074416j:plain

 

と言っても、これを書き始めた時点で既に1週間が経過。

ラニバが終わってから仕事が山積みで落ち着いて書く暇もなく...

全てをこの2日間にかけてきたので、仕方ないですがね。

ラニバの鮮明な記憶が残っているうちに、自分なりにまとめたいと思います。

 

4月8日朝

私は東京住まいではありません。以前は住んでいましたが。

ということで、朝7時半に家を出て、電車に乗り込みました。

行きの乗換駅で、早速L'Arc-en-Cielのロゴのシールを貼ったスーツケースを持った女性に遭遇。こんなローカル駅で...

そんなこんなで、新幹線で東京駅に到着。どうしようかなと思いましたが、歩いて東京ドームまで向かいました (所要時間1時間くらい)。

13時くらいに水道橋に到着。ちょっと雨模様。

周囲は混んでいるだろうと思い、少し離れたお店で昼食。

14時くらいになり、ようやく到着。早速傘を差したグッズ売り場の大行列...2時間3時間待ちとのこと!

僕は基本グッズ等は買わないタイプです。服装もノーマルです。

行列をかき分けるように進み、メインの22ゲート付近へ。

柱にはメンバーの写真やラニバのロゴが。皆さん写真を撮ってます。僕も例にもれず。

いやあ、皆さんの熱にもまれて僕も盛り上がってきました。

続いて、以前からツイッターで仲良くしていただいている方と待ち合わせ。

柱の下で待ち合わせるも中々わからない。

「kenの前」「ユッキーの下」どんな会話やねん!!って声があちこちで飛び交ってます。

ようやく遭遇。合わせてほかのツイッター仲間とも遭遇。

皆さんいい人ばかり、もちろんドエル熱もすごい。

あまりライブでドエルと話すことは無かったので、とても新鮮でした。

共通の趣味があるだけで、初対面でも都市が離れていても仲良くなれる。いいですね!!

 

ワーワーしてるうちに入場時間の16時。ツイッター仲間と一緒に早速入場しました。

チケットがなかなか切りづらくて大変そうなバイトさんに声をかけながら回転扉で入場。

入ってすぐ目に飛び込んできたのが、がら空きのグッズ売り場。

もちろん限定品などは売ってないですが、基本的なものは並ばず帰る。

外で並んでいる人がかわいそうになるくらい...

普段はグッズを買わない僕も、せっかくなのでと待ち無しでラニバマフラータオルを購入。

 

いざ会場へ。スモークで白くもやがかった感じ。いつ来てもいいですね!

ステージの構造はオーソドックスな感じかな、と最初は思いました。左右に花道が走っていて。

中心は奥行きがあり、普段は一面LEDに囲まれているのですが、今回は立体的な複数のLEDで構成されている。どんな感じになるんだろうと。

1日目は、アリーナ右端の、なんと最前列!!長年ドエルですが初めてです。

でもほんとに右端なので、基本左に首を曲げながら、kenサイドから眺める感じ。

ステージ全体を眺めながら,,,ってのは難しいですね。でも興味深い場所。

国立でも使用されたL'edを手首にはめて、隣の見ず知らずなドエルと話しながら開始を待ちます。

開始10分前くらいになり、スタッフが配置につき準備を始める。警備のバイトも配置へ。緊張感が高まってきます。

 

18時15分ごろ。予定より15分遅れて会場暗転。ライブ開始です!!!

LEDスクリーンに、ライブ前から企画されていたMISSIONの仕掛け人? Elliy Crancが登場しました。未来から25th L'Anniversaryの歴史を取り戻す、という体で、ラルコレクションなどの企画を振り返ります。

とりあえずMISSION complete。メンバーのCGが表示され会場から悲鳴が上がります。

 

映像が終わるとともに、視線は舞台中央へ。

オープニング曲は何か、ずいぶんとツイッター上でも議論しましたが、

ある意味まさか、でも実際そうだと「まあ、そうか」と思わせる曲、kenの「虹」のイントロが流れました。

少し違ったのは、歌い出しの前に溜めがあったこと、REINCARNATIONの時とは違います。

そのころの虹から年月が経ち、その意味もあったのでしょうか?

虹の演奏。これまた違うの光景だったのは、フロントがyukihiro。両サイドをkenとtetsuyaが固めて、少し斜めに傾斜が付いた坂を上り背後にhydeが陣取る。

なかなか新鮮で、でも年に数回しか見られない4人の絵なのにこの陣形がなにか絆を感じる、特別な虹でした。

 

(レポート-2へ)

doctorman.hatenablog.com

 

 

 

 >>チケットやCD、DVDなど、日々の買い物をお得にしたい方はこちらから。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

>>L'Arc-en-Ciel 公式ホームページはこちらから。

www.larc-en-ciel.com