陸マイラーサイエンティストの趣味嗜好

L'Arc-en-Ciel大好きの大学勤務の研究者のブログです。陸マイルで資金を稼ぐ経過や、全く関係のない私の趣味(バナナマン、育毛、サイクリング) についても書き連ねてます。

geek sleep sheep LIVE (06.04.30. 渋谷 CLUB QUATTRO)

久しぶりに更新です。

ライブに行ってきました。

f:id:doctorman:20160501023936j:plain

 

これまで、L'Arc-en-Ciel メンバーのソロプロジェクトに関しては興味はそれほどありませんでした。

理由は、自分が好きになったL'Arc-en-Cielの世界観というか、感覚が崩れるのを嫌ったのと、

ソロで楽しそうにやってるのを見て、L'Arc-en-Cielの活動が少なくなるんじゃないか?という寂しさを感じたくなかった、からです。

 

ですが、色々なことが重なり、今回yukihiroのプロジェクト「geek sleep sheep」のライブに行くことにしました。

 

私は現在東京に住んでいますが、近々、転勤で東京を離れることになりました。

日本で一番ライブが行われているであろう東京から離れるというのは、離れることが決まってからその貴重さに気づくわけで、離れる前にできる限り味わっておこうと思ったわけです。

どのライブに行こうかな?と考えた中で、ソロのことが頭をよぎり、先に書いた理由で食わず嫌いになっているのもどうかな、と思い、音源を試しに聞いてみました。

すごい良かった。

これが印象でした。よくよく考えれば、L'Arc-en-Ciel以外にも好きなアーティストはたくさんあるわけで、L'Arc-en-Cielとは違うものと捉えれば何のことはない、とにかく良いものは良い!というわけです。

ライブは渋谷 CLUB QUATTROということで近所であるのと、4月30日は私にとって特別な日でもあったので、この縁を大事にしようと行くことに決めました。

 

ライブを待っているお客さんの層が渋谷 CLUB QUATTROのライブとは異なる感じが新鮮でした。もちろん、モーサムのファンや時雨のファンもいるでしょうから当たり前ですけど。今回はゆったり聴きたいと思ったのでフロアの後ろ目で陣取ってみました。

定刻になりメンバー登場。久しぶりのユッキーでしたが、相変わらずのユッキーでしたね笑。  でも、L'Arc-en-Cielのときは「自分の仕事をこなす感」が強い印象で、今日は「バンドを引っ張っていく感」を感じました。ドラムも自分が知っているテクニックとは違う感じが多く、あ、そんな叩き方もするんや!という驚きが多くありました。

最初はラルクファンとしてユッキーに注目していましたが、すぐにバンドとしての演奏を感じるようになりました。男女のツインボーカルバンドということも私には新鮮でしたね。百々さんと345さんの声調がすごい合ってるな、という。聴いてて気持ちいい。ここまで計算してメンバーを選んだかどうかわからないですが、いい組み合わせだなと思いました。演奏も、ドラムで引っ張るユッキーに髪を振り乱して弾きまくる345さん、合わしたり崩したりしながら楽しそうに弾いてる百々さんの組み合わせが、いいバンドだな、と思わせました。少々ハウってたのが残念でしたけどね。あれは百々さんがスピーカーに近づきすぎたんでしょうけど笑。

345さんのギャップも面白かったです。グッズ紹介をするときのおどおどした感じというか女の子な感じと、演奏時のノリノリな感じ、「こんなに変わるかねえ」と驚いてしまいました笑。 ボーカルも、ボーカルというより楽器の音のような感じ。ちょっとハマりそうです。

正直、楽曲のほとんどは初めて聞くか曲名も知らないままライブに参戦しましたが、非常に楽しめました。なんというか、L'Arc-en-Cielのライブは今やレア感が強くて、「滅多にやらないから1秒たりとも気を抜かず楽しんでやる!」という意気込みが強くなってしまうのですが、geek sleep sheepの場合は、激しい曲もゆったりした曲もすべて、自然体で聴けるというか、筋肉痛にならずに聴ける笑。やっぱりいいバンドでした。

アンコールが終わるとあっという間に舞台から降りていたユッキー。相変わらずのユッキーでした笑。でもなんか楽しそうだったな。

 

次のライブは9月ということで、そのころには東京を離れてしまう自分…たぶん行けそうにもないですが、今日ライブに行けたのはとても良かったです。CD買ってみようかな。

 

P.S. ライブ中の声援は「ユキヒロー!」が圧倒的に多かったです。「ユッキー!」っていうのはほぼ無かった。ユッキーってのはL'Arcの時だけなんですかね?お客さんも礼儀として使わないでいるのかな?