陸マイラーサイエンティストの趣味嗜好

L'Arc-en-Ciel大好きの大学勤務の研究者のブログです。陸マイルで資金を稼ぐ経過や、全く関係のない私の趣味(バナナマン、育毛、サイクリング) についても書き連ねてます。

新幹線は自由席より指定席の方が実は安かったりする(過去記事編集)。

帰省、出張、ライブ遠征で新幹線を使う方、多いと思います。

f:id:doctorman:20170924012221j:plain

東京に住んでいる方、実家が名古屋、大阪方面だと新幹線を使って帰省されるのではないでしょうか?
盆や正月に帰省をしようと思い、安く済まそうと自由席の列に並ぶ。
よく見る光景ですが、当事者にとっては座れるかどうかの死活問題。
電車を何本も遅らせてでも座ろうと。
 
 
私は以前東京に住んでいて、帰省の方法にはいつも悩んでいました。
その経験からして、

東海道新幹線に年に2、3回乗る人は、自由席よりも指定席の方が絶対得!!」

と自信を持って言えます。
ここでは、その理由・方法などを書きたいと思います。
 
色々なケースがあるかと思いますが、とりあえず、東京〜新大阪の場合。
乗車料金は8,750円、
特急料金は自由席が4,870円、指定席が5,700円、グリーン車が10,480円ですので、
計、自由席13,620円、指定席14,450円、グリーン車19,230円、となります。
グリーン車は置いておいて笑、
自由席と指定席の比較をしましょう。
片道で930円、往復1,860円の差があります。
この差額の為、毎回帰省ラッシュ時に自由席に並ぶ、という方が多いから、毎シーズン混雑が起こるのでしょう。東京から下るのでしたらまだしも、新大阪からの上りは、博多発の電車では自由席どころか列車内に立つ場所すらないかもしれません。
 
私はエクスプレスカード (EX-ICシステム) を持ってます。
簡単に言うと指定席予約が自在に出来るサービスです。それだけでなく、料金的にもお得になります。

先に料金を説明すると、東京〜新大阪間の指定席が、13,370円で購入できます!!

往復で2,160円の割引!

指定席を金券ショップで探しても、せいぜい13,600円くらいです。つまり、エクスプレスカードを使うと、通常の自由席と比べても片道250円安く指定席が購入できます。
ただし、エクスプレスカードはクレジットカードなので、年会費が1,080円必要です(初年度無料キャンペーンあり)。つまり、年間で1回でも東京〜名古屋を使う人は、乗れば年会費の元を取れます。
また、2回以上往復する人は、計算上、通常の自由席の料金以下で指定席を購入していることになります。
 
 
東京ー名古屋間でも計算してみましょうか。
乗車料金は6,260円、
特急料金は自由席が4,100円、指定席が5,030円、グリーン車が8,240円ですので、
計、自由席10,360円、指定席11,090円、グリーン車14,680円、となります。
自由席と指定席では、
片道で730円、往復1,460円の差があります。
エクスプレスカードを使うと、

東京〜名古屋間の指定席が、10,110円で購入できます!!

往復で1,960円の割引!

 

エクスプレスカードを使うと、こちらも通常の自由席よりも片道250円安く指定席が購入できます。
 
 
行列でひたすら待ち、新幹線に乗ったのはいいけれど空いてる席は無く、長時間立ったまま乗るのと、
出発数分前までのんびりしててよく、希望の席に悠々座って、寝るもよし、スマホいじるもよし、駅弁食べるもよし、
この2つが同じ料金なら、迷うことはないでしょう。
 
私はこのサービスを利用するようになってから、新幹線に乗るのが好きになりました。
家族連れや年配者などは、高速バスといった選択肢は取れません。快適な旅という点では新幹線は非常に優秀です。ですので、いかに賢く乗るか、それが大事だと思います。
賢いついでに、こちらの記事も宜しければご一読を。
エクスプレスカードは、金額のメリット以外にも、席の予約方法など、色々利点があります。 

在来線から新幹線に乗り継ぐにはSUICAなどの交通系ICカードが便利。お得にビックカメラSUICAカードに入会するには、

doctorman.hatenablog.com

を参考にしてください。

SUICAはこれまた便利なポイントシステムです。 

SUICA以外にも、お得なクレジットカードを探して入会するには、

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

もおすすめです。